◆風の言葉 歌詞◆

 by monsieur
   
SUNTORY OLD

サントリー オールドを
オールドを 舐めて
女はもうたくさん たくさんだと言った
古い友達と囲む 朝がまぶしい
古い友達は強い 疲れを知らない
 
  激しくリーチを
リーチ棒を 投げて
恋愛なんて柄じゃないさ 柄じゃないさと言った
古い友達とのいつもの 麻雀は楽しい
(whisper) bokuwo damenisuru warui yatsura bakarida
朝になっても誰もやめる 気配を見せない
 
サントリー オールドを
オールドを 舐めて
嫁さんなんかいらないね
いらないねと言った
古い友達と囲む 朝がまぶしい
(whisper) bokuwo damenisuru warui yatsura bakarida
古い友達は強い 疲れを知らない
疲れた私の心は凍り付いてしまった
 
ボクは イカシタシャツの
  いつも楽しげな
赤いリボンつけた 
あなたを見てばかり
今日もいつもの喫茶店で 
トマトジュースを飲んでいる
可愛いそよ風さんに
悲しい歌を聴かせてみたい
ほらほら いつも笑ってばかり
激しい怒りなど知らないの
だけど それもいいもんだね
気楽な感じで 恋したりしてね
woo woo
 
たまにゃギター抱えて 
公園のブランコのとこで
誰かに聴かせてるよな
  そうでもないよな
そんな雰囲気のなかで
ボクは 怒りなど忘れ
陽気なふりしているけれど
何も見ないままでは
やりきれないほど不安なのさ
人を傷つけるのはイヤだ
たとえ傷つけられ罠に落ちても
卑怯な人たちのことは
知らないふりして生きてゆこう
woo woo
すみれ

君がねだった
すみれの花は
時の岸辺で
風に吹かれていたね
光の季節に
WALKING
 
赤サビのにおいの 
線路づたいに
あなたの生まれた街へ 
行ってきました
眠るような家並みは 
僕の心に
やがて辿りつく愛の 
姿を映してた
時代が終わったと言ってしまうなら
毎日酔いにまかせ 
運命にまかせて
 
いまにきっとわかるときが
かならず来るさと
少しのびたあごひげをさすりながら
おだやかなまなざしで
うそぶきたい気分
風の言葉
 
幻を抱きしめ眠っている
遠い心のひだまり
 
貝の匂いがする船陰に
忘れ去られたハモニカ
 
蘇るのはまぶしい誓い
わきあがる風の言葉
 
なぜか僕を呼ぶよな気がして
海に漕ぎ出せば
 
淡く 青く 空果てしもなく
雲の峰 遙か遠く
淡く 青く 空果てしもなく
カモメが飛んでいた
 
振り返ればいま答もない
過ぎ去りし日々があるだけ
 
 
幻を抱きしめ眠ってる
遠い心のひだまり
 
泳ぎ疲れて座り込んだ
恥じらう水着の君
 
蘇るのはまぶしい誓い
わきあがる風の言葉
 
それぞれの道が見えた気がして
歩きだした日だ
 
淡く 青く 空果てしもなく
雲の峰 遙か遠く
淡く 青く 空果てしもなく
道は続いていた
 
本当にこれでよかったのか
過ぎ去りし日々なれば
 
振り返ればいま答もない
過ぎ去りし日々があるだけ
 
淡く 青く 空果てしもなく
雲の峰 遙か遠く
淡く 青く 空果てしもなく
カモメが飛んでいた
 
酔っぱらい
 
ひさびさに夜ひとりで
ビールを飲んでいると
闇のそこかしこ
優しい静けさが
僕とハモりだす
ああ酔っぱらうって
いいですね
 
何となく早くからふたりで
グラスを傾けていると
先に酔った方が
勝ちだといいますが
くだをまくような酒なら
不愉快ですね
 
底なしといわれるような
人ともちょっとやですよ
「なーんだお前 もうへたばったのか
 だらしがねえな それでも男かよ」
なんていわれながら
苦いのどがむなしく
カラカラと
笑ってはいますが
 
ギターは面倒だし 
ステレオはうるさいし
仕事にも飽きたみたいで
女の子もつまらない
飲むのが一番です
くたびれないし
気持ちはいいし
 
そんなには飲めませんし
つまみは絶対
イカかピーナッツ
毎晩飲んでいると
すべてを悟った気になり
「禍福はあざなえる縄のごとし」などと
呟いたりして
センチメンタル ハーバー
 
久しぶりだね 
光と影 波のリズム
気まぐれな風の歌 
元気かい美しい星たち
  
目を閉じれば蘇る 
宵闇のハーバー
そうさ 昔はおきまりの
デートコースだったからね
 
船はねだる 懐かしい日々のメロディー
僕は笑い ギター抱える
いいのかい 古くさいアルペジオで
 
ああ 時代よ 舞え
かつては僕も踊った
 
今夜はあんなに霧笛が鳴く
どうして空には 流れ星
二人のクリスマス
   
白い国から 粉雪けって
まぶしい鈴の音 響かせ来るさ
風の冷たい 真冬の街に
赤鼻トナカイの ひくソリで
  
やさしい心 忘れずに静かに
とわに変わらぬ愛を 誓うクリスマス
  
  
二人で素敵な 夢を見ながら
粉雪舞い散る 静かな夜明け
口笛吹いて ほほえみ交わし
肩をすくめて 小さくふるえ
  
何処か遠くの 誰かの歌が
疲れた心いやす 僕らのクリスマス
キューピッドたちの街
 
汗まみれの彼は
シャツについたほこりもはらわず
安い酒場でひっそりコップ酒
もう25になって
ひとり寝もいいものだなと
酔った勢いで呟いたりしている
 
ミニスカートからすらりと
細い足の彼女は薄化粧で
長い髪を指でくしながら
もう22で
好きな男にまだ声もかけれないのに
 
友達の世話は一人前だよ
夕顔ももうお仕舞いなのに
ああまたそんなに陽気な声で
「お暑いですね」なんて
 
友達の世話は一人前だよ
夕顔ももうお仕舞いなのに
ああまたそんなに陽気な声で
「お暑いですね」なんて
「お暑いですね」なんて